[症例報告] 関東中央病院 中馬 久美子先生による尾仙骨部褥瘡・下腿潰瘍についてのプロントザンの使用症例を作成しました

読み物


プロントザンの国内症例についてのケーススタディーが完成いたしました。

「当院でのプロントザンの使用経験」
 中馬 久美子 先生 (関東中央病院 皮膚科 医長)

尾仙骨部褥瘡、下腿潰瘍の2症例についてご紹介いただいております。

患者さんが手術や疼痛を伴う創傷処置を望まず、既存の治療法で治癒傾向がみられなかった2症例(尾仙骨部褥瘡と下腿潰瘍)に対してプロントザンを使用開始し軽快に向かいました。

⇒ ケーススタディーのページへ