慢性創傷の管理におけるポリヘキサニド含有創傷製品の使用経験
- 953例の組織的なレトロスペクティブ解析の結果

Experiences in using polyhexanide containing wound products in the management of chronic wounds
–results of a methodical and retrospective analysis of 953 cases
Moeller A, Nolte A, Kaehn K. Wundmanagement 2008;3:112 –117.

目的

本後ろ向き解析の目的は、ドイツの市立病院でプロントザン創傷洗浄用ソリューションおよび、プロントザン創傷用ゲルを標準治療法として導入後、慢性で治癒が困難な創傷の治癒過程を評価することであった。

方法

標準の創傷ケアには、毎回のドレッシング交換時にプロントザン創傷洗浄用ソリューションを用いて創部を定期的に洗浄し、滲出液がないかまたは中等度の場合に、全ての創傷にプロントザン創傷用ゲルを追加適用した。 プロントザンの用いた治療の実施から2年後、953人の患者のチャートをレトロスペクティブに解析した。

結果

80%の改善所見が見られた創傷において、併用療法で創傷閉鎖を達成することができた。 患者のほぼ3分の2(620/953)において、創傷臭の明らかな減少、または改善を認めた。治療開始後、29例(3%)に、初めてまたは継続する創感染が発生した。治療された患者のうち1人だけがわずかな灼熱感を報告し、99人は痛みや不快感を示さなかった。

結論

評価されたレトロスペクティブなデータから得られた結果に基づき、ドイツのMunicipal Hospital Bielefeld Mitteで慢性創傷の治療のためにプロントザン創傷洗浄用ソリューションおよびプロントザン創傷用ゲルの使用を継続することが決定された。

0.1%ポリヘキサニドを含有するゲルの効果

The effectiveness of a 0.1% Polihexanide Gel
Valenzuela AR, Perucho NS. Rev ROL Enf 2008;31(4):247-252.

目的

この試験の目的は、プロントザン創傷用ゲルの有効性を評価し、この創傷用ゲルが、褥瘡および慢性創傷(GNEAUPP)および保健政策研究機関(AHCPR)に関する、ヘルスプロフェッショナルの調査とカウンセリングを行っているナショナルグループによって提供された創傷の洗浄に関する勧告に合致したかどうかを評価した。

方法

細菌負荷、創傷治癒、疼痛および創傷臭のコントロールにおけるプロントザン創傷用ゲルの有効性をGNEAUPPおよびAHCPRの推奨と比較するために、多施設ランダム化オープン臨床試験を行った。 対照群の創傷を生理食塩水で洗浄し、壊死組織切除が必要な場合には、ハイドロゲルを用いた自己溶解デブリードメントを行った。 実験群の創傷を生理食塩水で洗浄し、次いで0.1%ポリヘキサニドゲル(プロントザン創傷用ゲル)を適用した。

結果

研究された病変の最終評価で得られたデータは以下のとおりであった:
陽性培養の逆転(p = 0.004)。
瘢痕化治療の停滞の改善(p = 0.000)。
創傷の大きさの減少(p = 0.013)。
造粒組織のパーセンテージの改善(p = 0.001)。
創面におけるスラフの割合の改善(p = 0.002)。
滲出の改善(p = 0.008)。
化膿性浸出の改善(p = 0.005)。
創傷周囲の皮膚状態改善(p = 0.021)。
疼痛管理の改善(p = 0.049)。
周辺皮膚における紅斑の改善(p = 0.004)。
創傷周辺の皮膚浮腫改善(p = 0.000)。
創傷周辺の皮膚発熱の改善(p = 0.004)。
創傷臭の改善(p = 0.029)。

結論

この研究結果は、プロントザン創傷用ゲルが創面環境調整の成功に貢献し、疼痛の緩和ならびに創傷臭の低減よって患者のQOLの向上させる非常に効果的な創傷洗浄剤であることが示された。

バイオフィルムに対する各種創傷洗浄液の効果

Efficacy of various wound irrigation solutions against biofilms
Seipp HM, Hofmann S, Hack A, Skowronsky A, Hauri A. ZfW 2005;4(5):160 –163.

目的

この研究の目的は、バイオフィルムに対する3つの創傷洗浄液の効果を検討することである。

方法

臨床現場で創傷の洗浄に使用される洗浄液の効果をBiofilmyl®法により評価した。この方法は、細菌の細胞壁から放出されたエンドトキシンを用いてバイオフィルムの正確な定量化を可能にしたものである。最初に、バイオフィルム試験片を、シリコーン表面上の緑膿菌(P.aeruginosa)と共に培養した。 続いて、別々の試験シリーズにおいて 検体を、a)生理食塩水、b)リンゲル液、c)プロントザン創傷洗浄用ソリューション の3種類の洗浄液に24時間暴露した。

結果

結果、生理食塩水およびリンゲル液に暴露した後のバイオフィルム量は減少しないことが示された。界面活性剤ポリヘキサニド溶液(プロントザン創傷洗浄用ソリューション)は、バイオフィルムの有意な減少87%を達成した(p <0.001)。

結論

Biofilmyl®法を使用した試験において、プロントザン創傷洗浄用ソリューションは、生理食塩水およびリンゲル液と比較して、バイオフィルム量の有意な減少を示した。

ブタのモデル創傷を用いたMRSAバイオフィルムに対する
各種創傷洗浄液の効果

目的

この研究の目的は、ブタの皮膚創傷におけるMRSAバイオフィルム除去に対する4つの創傷洗浄剤の効果を検証することであった。

方法

ブタの部分的深度を持つ創傷にMRSAを塗布し、ポリウレタンドレッシングで24時間覆ってバイオフィルムを急激に成長させた。 その後、創傷を4群に分けた。 3群において、i)プロントザン創傷洗浄用ソリューション、ii)リンガー溶液、およびiii)滅菌生理食塩水を用いて創傷を1日2回洗浄した。対照の創傷は未洗浄とし、各群の創傷をそれぞれ48時間および72時間で培養した。

結果

48時間および72時間後におけるMRSAカウントの平均は、ii) 群および iii)群と比較してi) 群において有意に減少した(p <0.05)。

結論

プロントザン創傷用ソリューション使用群のみMRSAバイオフィルムの除去が認められた。 生理食塩水およびリンゲル液使用群ではMRSA数の減少が認められなかった。