What' new

WOUND BED PREPARATION
創面環境調整を真剣に考える。

プロントザンは世界110以上の国と地域において、創面環境調整に使用されている、創傷洗浄用ソリューションおよび創傷用ゲルです。
創面環境調整の一環として、プロントザン 創傷洗浄用ソリューションと、創傷用ゲルを併用する積極的なアプローチにより期待される効果:

  • ■ バイオフィルムによる創面への負担を軽減(プロントザン 創傷洗浄用ソリューション)
  • ■ バイオフィルムの再形成を予防(プロントザン 創傷用ゲル)

プロントザン 創傷用ゲル 30g

プロントザン 創傷用ゲル

プロントザン 創傷用ゲルは、抗菌成分ポリヘキサニド(PHMB)、界面活性剤ベタイン、保湿剤グリセロール、およびゲル化剤ヒドロキシエチルセルロースが配合された、創傷用ゲルです。

急性・慢性創傷および、Ⅰ, Ⅱ度熱傷に塗布し、その上から市販の二次ドレッシングで覆い固定することで、微生物に対するバリア効果により創部を保護し、湿潤環境の維持を通じて、創傷の治癒を促進し、疼痛を軽減します。

オプション品
プロントザン 創傷洗浄用ソリューション
40mL, 350mL, 1000mL

プロントザン 創傷洗浄用ソリューション

プロントザン 創傷洗浄用ソリューションは、プロントザン 創傷用ゲル塗布前に創部を洗浄する目的で使用します。抗菌成分ポリヘキサニド(PHMB)、界面活性剤ベタインが配合されています。

予め用意した、ガーゼ、パッド等をプロントザン 創傷洗浄用ソリューションで湿らせ、創面全体および創面周囲に15分以上浸し、洗浄を行います。

創部洗浄のため、必要に応じ、すでに創部に被覆され、固くなって、固着している被覆材の除去を容易にするため、被覆材をプロントザン 創傷用洗浄用ソリューションで湿らせ、除去しやすくする目的にもご使用いただけます。

  • 創の保護
  • 湿潤環境の維持
  • 感染防止
  • 創傷治癒の促進
  • 疼痛の軽減
  • 創傷臭の低減
  • 1)Bellingeri et al., (2016), Effect of a wound cleansing solution on wound bed preparation and inflammation in chronic wound: a single-blind RCT, Journal of Wound care
  • 2)Romanelli M, et al., (2008), Evaluation of the efficacy and tolerability of a solution containing Betaine and PHMB in controlling the bacterial burden of chronic wounds during wound bed preparation
  • 3)Valenzuela et al., (2008), The effectiveness of a 0.1% polyhexanide gel. Rev ROL Enf; 31(4):247-52.
  • 4)Andriessen A, Eberlein T (2008), Assessment of a wound cleansing solution in the treatment of problem wounds, WOUNDS; 20(6):171-175.
  • 5)Moller et al., (2008), Experiences in using polyhexanide containing wound products in the management of chronic wounds – results of a methodical and retrospective analysis of 953 cases, Wundmanagement; 3:112-117.
  • 6)Durante et al., (2014), Evaluation of the effectiveness of a polyhexanide and propyl betaine-based gel in the treatment of chronic wounds, Minerva Chirurgica; 69 (5):283-292.

バイオフィルム(緑膿菌)に対する各種創傷洗浄剤の24時間接触後の効力

Comparison of the efficacy of different wound irrigation solutions against biofilm (Pseudomonas aeruginosa) after 24 hours exposure time

Comparison of the efficacy of wound rinsing
solutions on biofilm.

Conclusion

バイオフィルム(緑膿菌)に各洗浄剤を24時間接触させた結果、生理食塩水、リンゲル液では対象と比較して減少が見られなかったが、Prontosan Wound Irrigation Solution接触群は87%という顕著な減少(p<0.001)を示した。

The results showed no decrease in the original biofilm load after exposure to normal saline solution as well as Ringer’s solution, while the surfactant polyhexanide solution (Prontosan Wound Irrigation Solution) achieved a significant reduction (p<0.001) of the biofilm by 87%.

H.M. Seipp et al., (2005). Efficacy of various wound irrigation solutions against biofilms. ZfW; 4 (5): 160-163

ブタのモデル創傷を用いたMRSAバイオフィルムへの異なる創傷洗浄液の効果

Effect of different solutions on MRSA biofilm in a porcine model

Determination of the Effects of Prontosan Wound
Irrigation solution on Methicillin Resistant
Staphylococcus aureus Biofilms in a Partial Thickness
Porcine Wound Model after 48 h and 72 h

Conclusion

1日に2回の創洗浄を行い48時間および72時間後のコロニー形成単位(cfu/mL)を確認した結果、Prontosan wound irrigation solutionを用いた例でMRSAバイオフィルムの除去が確認された。生理食塩液とリンゲル液では減少が見られなかった。

Removal of MRSA biofilm was only demonstrated using Prontosan wound irrigation solution; both normal saline and Ringer’s solution failed to reduce MRSA counts.

Perez R et al., (2010). Effect of different wound rinsing solutions on MRSA biofilm in a porcine model. WundManagement; 4(2): 44-48

創傷治癒の促進

The Evidence – faster wound closure with Prontosan

Conclusion

この研究結果は、Prontosan Wound Gelを用いた創面環境調整によって、患者の痛みの緩和、創傷臭の低減など通じて、患者のQOLを向上するうえで非常に効果的な創傷清浄剤であることを示している。

The results of this study show that Prontosan Wound Gel is a highly effective wound cleansing agent that contributes
successfully to wound bed preparation and increases patients’ quality of life by alleviating pain and minimizing wound odor.

Valenzuela et al., (2008), The effectiveness of a 0.1% polyhexanide gel. Rev ROL Enf; 31(4):247-52.

プロントザン 製品カタログ

プロントザン 製品カタログ

「プロントザン 製品カタログ」をダウンロード

ダウンロード 4.7MB

お客様情報をご入力いただくと、各種資料がダウンロードできます。