[症例報告] 福岡青洲会病院 石田 裕之先生による感染創に対するプロントザンの使用症例を作成しました

読み物


プロントザンの国内症例についてのケーススタディーが完成いたしました。

「植皮後の感染創に対してプロントザンを使用した1例」
 石田 裕之 先生 (福岡青洲会病院 形成外科 部長)

植皮後の感染創に対する使用例についてご紹介いただいております。

創部のバイオフィルムを鋭匙で除去する場合は、出血や疼痛を伴いバイオフィルムを除去できない場合があります。植皮後の感染創に対して、バイオフィルム除去と再形成防止を目的にプロントザンを使用しその有用性が認められた1例です。

⇒ ケーススタディーのページへ