[症例報告] 八尾徳洲会総合病院 綾部 忍先生による胸鎖関節部潰瘍に対するプロントザンの使用症例を作成しました

読み物


プロントザンの国内症例についてのケーススタディーが完成いたしました。

「当院でのプロントザン創傷用ゲルと創傷洗浄用ソリューションの使用経験」
 綾部 忍 先生 (八尾徳洲会総合病院 形成外科・創傷ケアセンター 部長)

胸鎖関節部潰瘍に対する使用例についてご紹介いただいております。

創面は凹凸している場合もあり、軟膏が十分行きわたらないこともあります。プロントザンがそのような創面に対して速やかに行きわたり、黄白色フィブリン様膜が除去され創傷縮小が見られた症例です。

⇒ ケーススタディーのページへ