[ケアに役立つ短編動画] さあ、はじめよう。創傷衛生/ウンド・ハイジーン Vol. 1 前編

[ケアに役立つ短編動画] さあ、はじめよう。創傷衛生/ウンド・ハイジーン Vol. 1 前編

セミナー動画


創傷ケアの最新トピック「創傷衛生/ウンド・ハイジーン」と「改定DESIGN-R 2020」改定ポイントを合わせてご紹介します。
2020年末にDESIGN-Rの一部が改訂され改定DESIGN-R 2020となりました。改定されたのはDepth(深さ)とInfection(炎症・感染)の項目です。

これまで、明らかな感染兆候はないけれど、治癒が停滞している創傷で、創面にヌメリを感じることがありました。創面のヌメリなどの臨床所見がある場合に「臨界的定着疑い(クリティカルコロナイゼーション)」と判断し、評価は「I3C」とします。スコアは今まで通り3点になります。この「I3C:臨界的定着疑い(クリティカルコロナイゼーション)」へ対処するには、創傷衛生/ウンド・ハイジーンの手順が大変役立ちます。(前編)

B_LOUNGEチーフアンバサダー
埼玉医科大学病院 形成外科
市岡滋先生 

アンバサダー
福岡市民病院 看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師
仲谷真一朗先生

さあ、はじめよう。創傷衛生/ウンド・ハイジーン Vol. 1 前編 (12分40秒)

動画を視聴するには以下のフォーム送信をお願いいたします。