[セミナー動画] 第22回日本褥瘡学会学術集会 海外招待講演

[セミナー動画] 第22回日本褥瘡学会学術集会 海外招待講演

セミナー動画


Wound Bed Preparation(WBP)は、TIMEの4本柱(壊死組織、感染/炎症、湿潤のアンバランス、上皮化)を基礎とするが、全身的な状況や慢性化の原因を明らかにすることも重要です。
WBPの概念と新たな褥瘡管理の新潮流「ウンド・ハイジーン」の概念に基づく戦略的褥瘡管理アプローチを世界創傷治癒学会連合(WUWHS)事務総長のエリア・リッチ氏が紹介する本邦初の貴重な講演です。
司会に国際コンセンサスドキュメント「ウンド・ハイジーン」の専門家諮問委員会委員である館正弘教授(東北大学医学系研究科外科病態学講座形成外科学分野)をお迎えします。

このセミナーは、第22回日本褥瘡学会学術集会の海外招待講演です(2020.9.11)。

座長: 
館 正弘 先生

東北大学 医学系研究科外科病態学講座形成外科学分野 教授

講演: 
エリア・リッチ 医学博士
トリノ大学特任教授、世界創傷治癒学会連合(WUWHS)事務総長、
セント・ルカ・クリニック(イタリア、トリノ)難治性創傷診療科科長
【プロフィール】イタリア創傷ケア協会の創設メンバーの一人。1993年からEuropean Wound Management Society(EWMA)の会員であり、International Journal of Wound Careの理事も務める。

講演タイトル:
褥瘡管理におけるWound Bed Preparationの重要性 
(54分13秒)

動画を視聴するには以下のフォーム送信をお願いいたします。