[セミナー動画] 第13回日本創傷外科学会総会・学術集会 共催ランチョンセミナー

[セミナー動画] 第13回日本創傷外科学会総会・学術集会 共催ランチョンセミナー

セミナー動画


プロントザンは、両性界面活性剤であるベタインの特性を利用して、タンパク質成分の異物を除去します。従来、創傷治療にかかわる医師の多くは、創面に付着した異物に対して、十分な洗浄かつ物理デブリードマンあるいはメンテナンスデブリードマンを施行し、創面の清浄化を整えてきました。では、プロントザンをどのように治療に取り入れるとよいのでしょうか。一緒に考えましょう。

このセミナーは、第13回日本創傷外科学会総会・学術集会の共催ランチョンセミナーです(2021.07.16)。

講演タイトル:
界面活性剤/プロントザンを用いた創傷衛生/ウンド・ハイジーンの実践(50分25秒)

座長:
田中 里佳 先生
順天堂大学大学院医学研究科再生医学/
医学部形成外科学講座 教授
順天堂医院 足の疾患センター センター長

講師: 
寺部 雄太 先生
春日部中央総合病院 下肢救済センター

動画を視聴するには以下のフォーム送信をお願いいたします。